« dustboxのライヴは左側 | トップページ | 標語 »

2007年10月27日 (土)

Editor's Delight? サマソニ後記第二回

Ss 編集後記をお休みしてのサマソニ後記第二回、という訳でサマソニ2日目の模様をお届け。それにしても今年はとにかく人が多過ぎ!しかも皆早く来過ぎ!去年までは会場時間にこんなに並ばなかったぞ!そして暑過ぎ!さらに涼しいメッセに入場できたと思ったらステージのキャパを広げるためかグッズ売場が屋外なのは酷過ぎ!殺す気か!炎天下の長蛇の列に並んだものの欲しいアーティストTシャツがなく前座の8ottoを観逃し嫌な出だし。しかしそこはフェスってことでビールで気を取り直してソニックの一発目ザ・ドレイトーンズへ。ロックスリーが初期ビートルズならこちらは中期ビートルズとデビューEPを聴いて勝手に思っていたのだが、サイケ感は薄く若さ溢れるステージ。若いっていいね。早めの昼食&ビール二杯目を摂り、再びソニックに帰ってくるとステージ上にドラムセットがない。と思いきやドレスアップした女の子がお立ち台の上でタップダンスを踊りだすじゃありませんか。このティリー&ザ・ウォールはドラムの代わりにタップがビートを刻む珍しい(てか世界に一つ?)バンド。こりゃ楽し!こちらもついついタップをしながらマスタークラフトが調教中のダンスへ。と会場の外まで凄まじいビートが叩きつけてくる。普段Sの私も「もっとビートで打って!」とおねだり。最高です。しかし話題のハドーケン!も観たいということでマウンテンへ。最後の「リキッド・ライヴス」しか観られなかったが狂暴かつチープなシンセとラップの組み合わせはヘヴィ系の揃ったマウンテンでも有効。アガりますた。続いてもメタルとトランスという有り得ないけど実は美味な組み合わせで日本でも人気のエンター・シカリを観戦。これだけの数のオーディエンスの前でやるのは初めてだろうが、そんなの関係ねぇ!な爆裂ステージングで会場は大盛り上がり。だが早々に切り上げお目当てのザ・フラテリスを観るべくマリンへ。それにしても暑い!日陰になるものが無いアリーナだと尚更。しかしひとたびポップ満開な楽曲が連打されると暑さも忘れて歌って踊っちゃうんだから音楽って凄いね。ラスト「気取りやフラッツ」(iPodのCM曲)の大合唱最高でした!それじゃあ暑いしメッセに戻ってブライト・アイズを観るべと思っていると相方がどうしてもブロック・パーティが観たいと言うもんだから泣く泣く(ブロック・パーティは春のツアーで観たので)&汗ダクダクでアリーナで待機。するとそういう人が多かったのかザ・フラテリスと比べると2/3の集客。そうなると不思議なものでブロック・パーティだって良いぞ!という気分になるが彼らが屋外向きかといったら微妙。しかし始まってみるとダンサブルな楽曲ではザ・フラテリスに負けないぐらいの盛り上がりに一安心。さてメッセに戻ろうと歩いているとマリンの隣の空き地に楽園を発見!“THE DO LAB”なるLAのアート集団がダンス・ミュージックを爆音で鳴らし、お立ち台でダンシング&放水!アートと言っても演者もクラウドも関係なくただただびしょ濡れになって踊ってるだけ。でもそれがこんなに最高の気分にさせるんだからやっぱフェス最高!音楽最高!笑顔だけど泣きそうどぅあぁぁぁ~!・・・続きはブログで          鈴木

« dustboxのライヴは左側 | トップページ | 標語 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430454/8334901

この記事へのトラックバック一覧です: Editor's Delight? サマソニ後記第二回:

« dustboxのライヴは左側 | トップページ | 標語 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック