« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

夏のクラクション

娘「パパー、暑くて死にそーだ。。怪談、話してくれ。。。」

父「はて、イナガワジュンジのCDなんて持ってないね。」

娘「つーか、本当、受験生って酷だな。。日本人に「15の夏」
はいらんね。」

父「働くか」

娘「それも相当、酷だな。パパ、気分転換にドライブでも行
くかい」

父「はぁ?お前知らないの?ガソリン180円時代だぞ。」

娘「知ってる。ペットボトルで買うコーラのが安いんだろ」

父「は?なんかわかってるよーな、わっかんねーよーな、高いんだか、安いんだか、わけわからん」

娘「日中ドライブして排ガス出すのと、部屋でクーラーをガンガンかけるのは、どっちがエコでお徳だね?」

父「チャリで図書館行って、1日勉学に励めば」Photo_4

娘「たぶん、皆、考えてるのは一緒だな。ディズニーランド並みに混んでて、イスにたどりつくのに2時間待ちとみた。」

父「あー、いい読みだな。ビーチボーイズでもかけて、かき氷でも食すか。」

娘「おー、練乳な。練乳。いちごのたれ少しな。」

市川妙典サティ店  岡根

2008年8月23日 (土)

…。

悪夢と金縛りの日々。昔から夢はよく覚えている方です。しかし、最近は「追われる」「落ちる」系の夢で目が覚めてその後金縛り。金縛りが嫌なので目を閉じないように、そして手足を動かし続けようとするも勝てず。疲れていて眠いのに夜が怖くて眠れません。さて、今年のサマーソニックは諦めました。ラウドパークに賭けようと思っていたら観たかったスリップノットが土曜日………。えっつ?チケットことごとく取れないし。今年はもう駄目です。    

錦糸町店 堀内       

2008年8月20日 (水)

!!!

Photo_3  やばい!こいつらいったい何処から来たんだ?英ノッティンガム出身と言われても信じられん、コイツらは宇宙人だ。もしくは遠い未来から来た未来人か、はたまた原始時代から来た原始人だ。間違いない。危機に直面する我々人類に音楽で何かを告げに来たに違いない!彼らレイト・オブ・ザ・ピアの音楽を聴いてそんなことを思うのは私だけだろうか?私は気が狂っているのか?まあそう思われても一向に構わん、とにかく彼らのデビュー盤『ファンタシー・ブラック・チャンネル』を聴いてほしい。どんなジャンルにも括ることができない圧倒的なオリジナリティとパワーに思うは先述のようなアホな妄想。(いや妄想じゃない)エレクトロもヘヴィロックもパンクもプログレも知ったこっちゃないフラットな視線からごちゃ混ぜにされた楽曲から放射されるエネルギーが聴き手を異次元へとブッ飛ばす。これぞ私が待っていた音楽。サマソニでその正体をしかと確かめてきます。

八千代台店     鈴木

2008年8月13日 (水)

本店いったり、いわき店いったりぃ、ラジバンダリ。

Photo  最近、お笑い番組の「爆笑レッドカーペット」がお気に入り。その中でもイチオシは「ザ・パンチ」。パンチ頭のモテると勘違いしているブサイクが自意識過剰なボケをかますのだ
が、それに対する相方の「気持ち悪~い。お願いだから~」の後に続けられる「砂漠のど真ん中でラクダに逃げられて~」「お面しないでフェンシングして顔を刺されまくって~」等、まさかの角度から放たれるツッコミが秀逸! その他にもコンビ「ダブルダッチ」が~面白かったり~そうでもなかったり~ラジバンダリ!?です。一度見るべし!

いわき店   斉藤

2008年8月 6日 (水)

芝山三本勝負 夏の陣

一本目

GReeeeN 「さしぶ」
                   VS
ELLEGARDEN 「BEST1999‐2008」

勢いの差歴然。エルレ、活動休止負け。

二本目

ORENGE RANGE 「PANIC FANCY」
                    VS
ケツメイシ 「ケツノポリス6」

ジャケットやっぱり同じ場所でした。お待たせしなかったケツメの勝ち。
楽曲が夏向きじゃなかったのがちょっと悲しい。

三本目

絢香 「Sing to the Sky」
          VS
椎名林檎 「私と放電」

椎名林檎のTVスポットは笑えました。
3の倍数で放電してました。

船橋芝山店     渡辺

2008年8月 1日 (金)

Editor's Irony#17

Chiba02 にしおかすみこ(敬称略)サイン会無事終了致しました。(詳しくはときわ書房ホームページの八千代台店ブログをご覧下さい。)休み返上での当日の私の仕事はにしおかすみこを控え室から会場へ案内するという間近で生にしおかすみこを見られる役得を授かりました。果たして生にしおかすみこはというと爽やかな青のワンピースを着た大人しい淑女。そりゃそうだ、だって彼女は和洋国府台女子中・高、青山学院大学卒のお嬢様なのだから。なので余計に芸人になったこと、そしてあの芸風であることが凄い決意だろうなと尊敬。サイン会の際も本人に聞こえるデカい声で「イイ女じゃん!」なんて言うデリカシーのない野郎がいたりしたが、そんなこと日常茶飯事なのだろう。四六時中どこへ行っても指差され、写メを撮られ、どんなに失礼な人にも笑顔で対応しなけりゃならないプライベートもへったくれもない生活。これぞ究極の接客業。見習わなければならないと思いつつ不器用な私には絶対に無理だと実感したそんなサイン会でありました。

                                    
追伸 堀内さん、私も土日のバイトが辞めサマソニに行けるか微妙になってしまいました。。。チケット買
ってあるのにっ!必死で新人バイトを探し、育てます!残り1ヶ月ちょっとかぁ・・・。 

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック