書籍・雑誌

2007年7月28日 (土)

編集後記

tottoko musicaも6号目。やってるこっちも意外と続いているのでビックリ!なんちって。ムジカ.ダ・カーポの親会社ときわ書房の名物企画と言えば今年で5回目を迎える『ときわ書房が選ぶ夏の文庫100冊』略してナツヒャク。毎年有志が集い、10のテーマを設定し(今年は「覗いて見たい他人のゴタゴタ10冊」なんてのがあります)それぞれのテーマにあった文庫10冊(計100冊)を選び、埋もれてしまっている魅力的な文庫をお客様にご提案するというもの。 出版社や問屋を巻き込み、専用の帯まで作製する力の入れ様には脱帽です。そして何と言っても凄いのが全100冊の書評を載せた公式ガイドブック(定価100円)。力の入った100の書評は読み応え十分でコレだけで楽しめます。でも楽しめるのは汗と涙と血潮が飛び散る裏側を知らないから。ある日、本店ではいざ公式ガイドブックを印刷しようと思ったら印刷機が動かないので大騒ぎ。岡根から「ガイドブックの印刷前に印刷機使ってたのって鈴木じゃなかったっけ?」と言われて冷や汗。ナツヒャク実行委員会の皆様、印刷機を壊したのは宇田川さんに誓って私ではありません。(なぜ「宇田川さんに誓って」かは公式ガイドブックの編集後記をご一読下さい)。
ムジカ.ダ・カーポの皆様、我々もナツヒャクを目指して頑張りましょう!でも汗と涙と血潮を飛び散らせたくはないけれど。トットコを掲載しているブログも発ち上がったのでシャイな方はそちらに応援メッセージを。

Tottoko6

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック